看護師の年収についてのまとめ

看護師の年収についてのまとめ >> アメリカと日本の看護師の年収の違い

アメリカと日本の看護師の年収の違い

看護師の年収を日本の看護師とアメリカの看護師と比べた時には、看護師の年収は確実にアメリカの看護師の方が高収入だと言えるのです。さらに看護師の年収だけではなく、アメリカの看護師の位置は確実に日本の看護師よりも高く、日本の看護師は医師に対してはただ従うしかないという状況にある場合が多いのですが、アメリカの看護師は医師に対しても堂々と意見を言えるし完全に対等な立場で仕事をしていると言えるのです。日本でも以前に比べると看護師の地位は上がってきていると言えるのですが、まだまだアメリカの看護師と比較とするとその位置は高いとは言えないのです。

そしてアメリカの看護師と日本の看護師の違いで大きな点は、看護業務が分業化されているということで、日本の看護師は日勤をして夜勤をしてというハードなシフトをこなさなければいけませんが、アメリカの看護師の場合はそのようなシフトはなく、日勤専門の看護師と夜勤専門の看護師とはっきり分かれて仕事をすればよく、さらに看護師に雑用仕事はないので看護に専念することが出来るのです。もちろんアメリカの看護師は時間に余裕があるから怠ける訳ではなく、アメリカの看護師が社会的にも地位が高いのは、非常に勉強熱心だということもその理由で、そして医療関係の専門家としてのプライドを高く持って仕事をしているのです。

そしてアメリカの看護師の年収が高い理由には、自由診療で治療を受けるのに患者の負担が大きいことが大きな要因であり、これが年収に大きく影響してくることは言うまでもないのです。