看護師の年収についてのまとめ

看護師の年収についてのまとめ >> 看護師の勤め先での年収の差

看護師の勤め先での年収の差

看護師の年収は職場によっても大きく異なると言われているのです。看護師の年収を医療機関やそれぞれの施設や働いている地区で比較した場合には、かなりの年収の差が出ると言われているのです。そのことを考えて現在自分が働いている職場でも平均以上の年収をもらっているのか一度考えてみた方がいいと思います。

看護師の年収は同じ仕事をしていても働くところで大きくことなるので、特にキャリアのある仕事の出来る看護師の場合には転職も考えてみた方がいいのです。一般的に見て看護師の年収が高いところは、やはり大規模な病院になるとその分看護師の年収も高くなる傾向にあるのです。そしてその要因の1つには賞与があって、例えば大学病院では賞与が最低でも4ヶ月分支払われるというのが普通です。平均しても4ヶ月から6ヶ月分もの賞与出ていて、これに対して小規模の個人病院などでは賞与が1ヶ月や2ヶ月のところが多く、経営の良いところでは看護師の平均年収を上回るというところもありますが、多くの場合は賞与のせいで看護師の平均年収を下回る場合が多いのです。そして看護師は夜勤や残業によって年収を上げることになりますが、残業のない個人病院ではそれも期待が出来ないのです。もちろん大学病院は夜勤や残業も多く仕事も複雑で覚えることもたくさんあるので、その分年収が高くても納得は出来るのでしょうが、将来的にスキルを高めて収入面でも上を目指していきたいという看護師は、大病院への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

こちら
看護師のキャリアアップを目指す方にもおすすめの正看護師になるための国家試験の情報から収入アップを目指す就職・転職の際の求人の探し方までご案内する正看護師転職.COMです。
www.seikangoshi-tensyoku.com/