看護師の年収についてのまとめ

看護師の年収についてのまとめ >> 看護師の年齢での年収

看護師の年齢での年収

看護師の年収を年齢別で比較してみると、当然年齢が高い看護師の年収は年齢が低い看護師よりも高いことになるのですが、近年の病院などの医療機関施設での給与体系を見てみると新人看護師の年収は上がってきている傾向にあるのです。しかし看護師の年収が最初から高くなっている傾向にはあるのですが、その後の年収の上昇は低いと言われているのです。

また年齢が上がっていき勤続年数が長くなると看護師の年収は上がっていくのが普通だと思いますが、看護師の場合は必ずしもそうなる訳ではない傾向にあるのです。その理由は看護師の場合はそのほとんどが女性であり、そのキャリアの中には結婚や出産によって途中でキャリアが中断されるケースが多く見られるのです。そうなるとさすがに最初に積み重ねたものを一度清算する形になるので、もちろん前の職場での勤続年数に対する年収の加算分はリセットされて、また1からやり直しということになってしまうのです。このことから看護師の世界では年齢と経験年数が比例していないことになり、そのために年齢と年収も比例しないことになるのです。したがって独身で大学病院などの大きな病院に長年勤務している人の年収か非常に高くなりますが、何度も転職を繰り返している人はそういう訳にはいかないのです。しかし看護師は人手不足の状況が全国的に進んでいて看護師の需要はたくさんあるので、経験や技術に自信がある人であればいくらでも高年収の職場を見つけることが出来るのです。